FC2ブログ

風通しの良い住まい

110716.jpg

節電の夏
暑い夏が続いてます。住まいでも快適に過ごしたいものです。
今年は節電の意識が高く、エアコンをできるだけ使っていないご家庭も多いでしょう。
その時に、大切になるのは風通しです。

現代では、風通しを重視して窓を大きくすることより、窓を小さくして断熱性をあげるような家が多いようです。たしかに、窓を小さくしたほうがコストは下がり、断熱性も良くなります。ただ、風通しは当然悪くなります。それをエアコンを使うことによってカバーしています。

吉田兼好「徒然草」
「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪え難き事なり。」とあります。これは、1330年鎌倉時代末期に書かれた吉田兼好の徒然草の一節。「住まいは、夏のことを考えてつくるべきだ。冬はどんなところでも住める。暑すぎる住まいは耐えられない。」という意味です。

日本の湿度の高い気候では、古くから風通しを重視した作り方をしています。住まいの構造は柱と梁で作られ、その間にはフスマや障子を入れそれを開け閉めすることで、風や光をコントロールしていました。さらに、深くて低い軒や庇をつけて、縁側をもうけました。

深い軒や庇は日影をつくり、冷えた空気を室内に通します。こうした工夫によって、梅雨や暑い夏をしのいでいました。現代では面積の関係上、軒や庇は少ない家が多いようです。

風の入口と出口

室内に風を通すには、空気の入口と出口を作ることが重要です。どちらか一方でも無いと効果がなくなります。風が吹いてくる方に大きい窓をあけて、抜ける方に小さい窓をあけると、ゆるやかな風が通ります。逆に、入口を小さくして、出口を大きくすると強い風が通ります。

そういった風をコントロールするには、引戸がよいでしょう。窓だけでなく、入口と出口を結ぶ間にある扉を引戸にすることで風や光をコントロールできます。また、風が強くてもドアのように勢い良く閉まることもありません。

ちょっとした工夫
古くからある知恵として、お風呂の残り湯等を使って打ち水をしても良いでしょう。朝夕にするのが効果的と言われます。空気の入口と出口が温度差があると風通しがよくなります。日陰部分に打ち水をして温度を下げると効果的です。もちろん日向に打ち水をしても入ってくる空気の温度が下がるので、涼しくなる効果はあります。

ちなみにエアコンの室外機にも打ち水をすると省エネ効果があります。室外機付近の温度がさがり、効率があがります。また、レースカーテンを洗って完全に乾く前に窓にかけておくと涼しい風が入ってきます。ゴーヤなどの植物を育てて日射を遮るのも効果があります。よしずを立てるのも良いでしょう。

節電をしないとならない夏ですが、今までにない経験を一つのイベントとして知恵を使って工夫をして、楽しみたいものです。
時代は変わっても気候は変わりません。知恵を大切にして取り入れることで快適に暮らせそうです。

| 風通し | 23:30 │Comments0 | Trackbacks0編集







暑い夏の住まいでの過ごし方

110713_00.jpg

暑い日の住まいでの過ごし方

梅雨もあけて、暑い夏が続いています。
そんな時に、住まいで快適に過ごす方法をご紹介します。
今回は、自分でいれるアイスコーヒーです。

ハリオ V60 アイスコーヒーメーカー・フレッタをご紹介します。

110713_01.jpg
耐熱ガラスの容器と上部のプラスチック部分・さらに円錐形ドリッパーがついてます。
この円錐形のドリッパーは珈琲を美味しくします。
耐熱ガラスにプラスチックを取り付けて中に氷を入れます。

110713_02.jpg
その上に、円錐形ドリッパーをのせて、円錐形用のフィルターをつけて、珈琲豆を入れます。
アイスコーヒーでは、豆は深煎りの苦味とコクの強いものが良いです。

110713_03.jpg
そこに、ホットコーヒーと同様にゆっくりとお湯を注いでいきます。泡立ちがいいですね。

110713_04.jpg
真ん中の氷の部分にコーヒーが入って急に冷やされます。急冷した方が美味しく飲めます。

110713_05.jpg
全部注ぎ終わりました。容器はそのまま冷蔵庫にいれることができます。
すぐ飲んだほうがおいしいです。

110713_06.jpg
グラスに珈琲と氷を入れて完成です。
喫茶店で飲むようなアイスコーヒーになりました!しかも安い。
コーヒー豆・道具も入れて一杯20円の計算でした・・・。もちろん道具は何回も使えるのでさらにお得です。

氷をいれると薄くなるのでは?とお考えの方は、事前にコーヒーを製氷機に入れてコーヒー氷を作っておいてもよいでしょう。

ちょっとしたことですが、豊かな気分になれそうです。

アマゾンでも売っているようです。
http://goo.gl/c2RYq

| 小物 | 10:44 │Comments0 | Trackbacks0編集







趣味の部屋

110711.jpg

趣味

住まいで出来る趣味をもってますか?

仕事をしている人であれば、今まではなかなか趣味の時間をとれないことも多かったでしょう。また、子育てをされている方でまだ子どもが小さい時などは、時間がとりにくいものです。
ただ最近では、日本の仕事環境もだいぶ見直されており、残業も少ない会社も多いようです。

そうすると、仕事以外のゆとりの時間がとれます。その時間を家族の時間としてあてることも多いでしょう。また、趣味の時間として使っても有意義です。

趣味というと大きく分けてアウトドア系とインドア系があります。アウトドア系は、その趣味を行う場所に行って行うのが一番ですが、最近では、住まいの中にロッククライミングのできる部屋を作ったりアスレチックのような部屋を作ることもあるようです。住まいの中でアウトドアスポーツができれば、気軽に運動ができますし、一緒に遊ぶ子どもが喜ぶでしょう。

インドア系の趣味も様々あります。例えば、収集する、表現をする、自分を高める、リラックスする、育てる、食べる等様々あります。取り組み方は人それぞれです。日常生活に彩りを添えるくらいから本格的に取り組む場合などこだわりの程度によって様々でしょう。

趣味に対応した住まい

残業が少なければ、家で過ごす時間も増え、家での過ごし方が重要になりそうです。今までの住まいは、リビング・ダイニング・キッチン・水廻り・寝室といった構成で、寝室以外の個室は、あっても書斎くらいで、余裕のない場合が多かったでしょう。

趣味をあまりこだわらなければ、リビングの一角でしたりすれば良いでしょう。時間をつかって本格的に取り組むのであれば、個室が必要な場合もありそうです。

窓の方向や、風の入り方などによって適する趣味や適さない趣味があります。また、書道とかお茶とかであれば床材を畳にしたり、絵を描くのであれば、汚れが気になりにくい素材を使うべきでしょう。素材の検討も丁寧にすると良いでしょう。

そこから見える風景が重要な場合や、一人で集中しないとならない場合など色々なバリエーションがあります。そこ部屋で趣味を行う際の快適さをさまざまな要素を検討し考えることで、良い空間ができそうです。

ただ、限られた空間を有効に使うためには工夫が必要です。
趣味の内容にもよりますが、個室をできるだけリビング等の共用空間に開放的にできるようにすると、空間を広く使うことができます。

また、これも内容によりますが、その趣味を来客に見てもらったりできると良いかもしれません。収集や表現系であれば励みにもなります。玄関やリビングから見えるようにすると良いでしょう。これも空間を広く見せる方法の一つです。

そんなゆとりの空間があると、家での過ごす時間がもっと楽しくなりそうです。


空間を広く見せる工夫をした、アトリエとギャラリーのある住まいです。
http://atelier-please.com/project/atelier_gallery

| 趣味 | 23:23 │Comments2 | Trackbacks0編集







暮らしをかえる「扉」

110708.jpg

扉の種類

住まいに使う扉には様々な種類があります。

大きく分けて、開き戸、引き戸、折れ戸があります。
どこにどの戸を使用しないとならないということは無いのですが、一般的なルールがあり、それぞれの特徴で使用する場所によって使い分けます。

開き戸は、洋室等で一般的に使用します。防音性も比較的あり、寝室で使用する場合も多いです。動く範囲が大きいので、廊下に面する場合等に人にぶつかってしまう事もあるので、検討が必要です。

引き戸は、以前は和室で使われることが多かったのですが、デザインが向上して最近では洋室でも使われるようになりました。壁に沿って動くので、邪魔になることが少ないです。防音性は若干落ちます。また、壁になにか取り付ける場合などは採用しにくくなります。

折れ戸は、開き戸に比べて動作範囲が小さいので、狭い部屋で使われることが多いようです。操作性は若干悪いです。また、指を挟むことに注意しないとなりません。

扉の違った魅力

「扉」は場面展開で象徴的に使われます。
ドラえもんの「どこでもドア」は開けるとまったく違う世界に行けるドキドキ感があります。スーパーマリオのステージボスと戦う前には扉があり、それを開けるとタフな戦いが待ってます。

宮沢賢治の「注文の多い料理店」では、扉ごとに「注文」が書いてあり、場面が変わっていきます。最後には主人公が鍵穴から大きな目玉がこっちを覗いているという恐怖を味わいます。

共通するのは、ドキドキ感があるということでしょうか。扉にはそれくらい、不思議な力があるということでしょう。扉のその先の世界は、開けてみないとわかりません。

住まいの中の「扉」

扉には、部屋と部屋をつなぐという役割があります。ただ、それだけではなさそうです。
例えば、茶室の入口をにじり口という小さな扉にすることで、茶室が外の世界と別世界であることを象徴しています。また、そこを通ることで小さな茶室の高さや奥行きを感じることが可能です。

住まいの中ではドキドキ感は必要ないかもしれませんが、「扉」の種類や素材や大きさ等を注意深く考えることで、楽しいことやほんの少しの違う感覚があるかもしれません。向こう側を見せる・見せない・ちょっと見えるとか、大きい・小さい等で大きく変わりそうです。

「扉」にはそれくらいの魅力がありそうです。
住まいの中では小さな部分ですが、暮らしが大きく変わるかもしれません。

| 窓・建具 | 22:05 │Comments0 | Trackbacks0編集







住む街の選び方

110706.jpg

健康ブーム

どのような事をして、体を動かしてますか?
最近は健康ブームなどもあり、プールへ行ったり、ジムへ行ったり、通勤に自転車をつかったりと様々な工夫をして体を動かしている人もいると思います。

過去1年間に実施した運動・スポーツの種目別実施率の統計を見ると、散歩・ランニングをあわせて50%以上の人が行っています。(参考:笹川スポーツ財団スポーツライフ・データ2010)それに関するウェアやグッヅもたくさん出ています。また、歩くだけで痩せるスニーカーの人気などはブームを象徴しているでしょう。


人口の減少

2004年をピークに日本の人口は減り続けています。住まいの空き家率は現在約13%で、このまま進めば30年後には30%になる予測もあります。そうなると、街も大きく影響を受けるでしょう。
(参考:野村総合研究所 人口減少時代の住宅・土地利用・社会資本管理の問題とその解決に向けて)

人の集中する街とそうでない街が2極化して、ゴーストタウンなどもでてくる可能性もあります。住む街はこれまで以上に注意深く選ぶ必要がありそうです。多くの人が良いと思う街を選ぶというのも大きな理由になりそうです。

住む街

どんな基準で住む街を選んでますか?
会社までの通勤時間、駅からの距離、スーパーまでの距離、実家までの距離など様々あるでしょう。そういった利便性ももちろん大切です。


住む街の選び方の基準の1つに街自体の魅力があります。
会社から少し遠くても、住む街が魅力的であればそこに住みたいと思うでしょう。
よく言われるのは、海が近いとか、森が近いとか、温泉があるといったこともその一つだと思います。でもそれらはなかなか利便性と両立しません。
利便性もあるような街の魅力をどのように判断したら良いでしょうか。


魅力的な街

魅力的な街の基準の一つに、散歩をしたくなる街というのがあると思います。

会社や学校帰りに寄り道をしたくなるような場所があるというのは魅力的です。おいしいものがある商店街、おしゃれな店、おおきな木のある公園、川辺でやすめる場所などなど。

あるいは、休みの日にちょっと散歩をしたくなるというのもあるでしょう。犬をつれて公園を散歩、並木道のある遊歩道を子供と散歩、おいしいコーヒー店に行くのを目的に散歩などなど

散歩ルートがたくさんあると、さらに楽しそうです。いろんな路地がいっぱいあると、そこを散歩しながら今まで知らなかった街のあたらしい魅力を発見することもあるでしょう。
散歩の楽しみ方はたくさんありそうです。


そんなことができる街であれば、多くの人が魅力的に感じるでしょう。

そんな基準で街を選んだら、楽しい街に住めそうです。

| | 23:09 │Comments0 | Trackbacks0編集







« back | main | next »

カレンダー


06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム