FC2ブログ

光は身体を育てる、闇は精神を鍛える

111009.jpg

「光」と「闇」

3月11日の震災によって、節電の意識が高まり、住まいの中でも余計な照明をつけないようになった家庭も多いかと思います。中にはろうそくで夜を過ごしたという人もいるようです。暮らしの中に、「闇」の空間が増えました。

世界的に有名な建築家、安藤忠雄さんの言葉に、「光は身体を育てる、闇は精神を鍛える」というのがあります。安藤忠雄さんは、コンクリートの打ち放し仕上げを使ったストイックな建物を世界中で設計されています。余計なものが一切ない、「光」と「闇」の世界を突き詰めて作っています。

【続きを読む】

| | 16:38 │Comments0 | Trackbacks0編集







家族がキッチンに集まる住まい

111005-01.jpg

あなたの住まいでは、キッチンはどこにありますか?

以前のブログでは、食生活の考え方によってキッチンの場所が変わり、キッチンの場所によって暮らしが変わるということを紹介しました。キッチンの場所は住まいを考える上でとても重要なポイントとなります。


間取り例

【続きを読む】

| キッチン | 22:30 │Comments0 | Trackbacks0編集







お風呂で何をしますか?

11003.jpg

あなたは、お風呂で何をしますか?
お風呂は、体の汚れを洗い流す場としての役割ももちろんありますが、それ以外の役割もありそうです。


お風呂の歴史

お風呂の歴史は、6世紀に仏教伝来と共に、中国から伝わってきたといいます。仏教ではお風呂に入ることは「七病を除き、七福が得られる」と説かれていたことから、入浴は健康に良いと理解されていました。

それ以来、寺院では「体を洗い浄める」という大切な業の一つとして浴堂が備えられるようになり、浴堂のない庶民にも入浴を施したことから、お風呂に入るという習慣が始まったとされています。

お風呂の習慣といえば、日本人は熱いお湯で入る習慣がありますが、これは昔は特に、風通しの良い住まいだったので冬に体が冷えないための防寒策という説もあります。住まいの作り方とお風呂の入り方が深い関係があるということでしょう。


家風呂

【続きを読む】

| 水廻 | 23:19 │Comments0 | Trackbacks0編集







« back | main |

カレンダー


09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム