FC2ブログ

効率的な家事動線でゆとりの時間を増やす

a0001_006867.jpg

どんな暮らしにも家事はあります。家事は暮らしの骨格と言っても良いでしょう。

家事は、大きく分けて掃除・洗濯・料理+後片付といった行為に分けられます。
今回は「洗濯」を考えたいと思います。

洗濯は、洗う→干す→たたむ→仕舞うという行為になります。

その行為を行う場所は、
洗濯機置場→バルコニー(あるいは庭)→たたむ場所(リビング・寝室など)→寝室のクローゼットとなり、一連の行為は住まいの多くの部分に関わることがわかります。

ただ、このような家事行為とリビング・ダイニングでゆったりと過ごすゆとりの行為とは
まったく性質が異なります。

ゆったりとくつろいでいる場所に、忙しい家事動線が重なったり
洗濯物がリビングに広げられたりすることで、せっかくのゆとりの空間が台無しです。

暮らしのメリハリをつけるためにも、洗濯動線とリビング・ダイニングをできるだけ分けて
考えることが重要です。
ただ、洗濯動線はバルコニーや寝室まで関わるので計画には工夫が必要です。

006.jpg

上の間取りを見てください。家事動線を重視して、住まいを大きく2つに分けました。
上側は家事空間として、バルコニー~キッチン~家事コーナー~家事室~洗面脱衣~浴室と続きます。
下側はゆとりの空間として、バルコニー~リビングダイニング~和室~寝室と続きます。

分けることで、より豊かなゆとりの時間を過ごせそうです。
洗う→干す→たたむといった行為が上側で済ますことができ、仕舞う行為も、
廊下を通るので、リビングからは見えません。

また、家事動線が一直線なので、効率的な家事をすることができます。
家事の時間を短縮して、ゆとりの時間にすることができるでしょう。


家事動線の工夫で豊かなゆとりの時間を増やしませんか?


今回の間取りです↓ 投稿欄がありますので、もし良ければご意見を投稿してください。
http://goo.gl/WQuze

関連記事

| 家事動線 | 00:41 │Comments2 | Trackbacks0編集







コメント

ゆとり、大切ですね
家事のスペースがきちんとあるのがいいですね!女性のスペースって意外とないことが多いように感じていたので。
また、リビングとキッチンがバルコニーに面しているのも開放的で気持ちよさそうです^^

2011.06.08(Wed) 11:56 | URL | askakimura|編集

コメントありがとうございます
コメントありがとうございます。
家事動線を重視するといっても、リビングの気持よさは外せません!

2011.06.08(Wed) 13:32 | URL | 中の人|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atelierplease.blog9.fc2.com/tb.php/12-9b7b3489

| main |

カレンダー


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム