スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集







家事動線のキモ

110629-01.jpg
2階建ての洗濯動線

以前のブログで家事動線(洗濯動線)についてご紹介しました。
前回は平屋(マンション)で考えましたので、今回は2階建て住宅で考えます。

その洗濯動線をもう一度掘り下げてみたいと思います。
洗濯は、洗う→干す→アイロン・たたむ→仕舞うという行為になります。
その行為を行う場所の流れは、洗濯機置場→バルコニー(あるいは庭)→アイロン・たたむ場所→クローゼットとなります。

たたむ場所は、一般的にはリビングになる場合が多いようです。
ただ、リビングに洋服が散乱しているという場面はあまりきれいではありません。
くつろぐ場所としては問題でしょう。

家事室をとったり、洗濯置き場などにたたむスペースがあれば問題はありません。
一時的に置きっぱなしにすることも可能でしょう。

一般的な2階建て住宅

一般的な2階建て住宅で考えます。

2階建ての住まいでは、一般的にLDKや水廻りは1階になり、寝室は2階になります。
洗濯機置場(1F)→バルコニー(2F)→アイロン・たたむ場所→クローゼット(2F)という流れになり、
アイロン・たたむ場所は2階にあったほうが良さそうです。1階だと階段を行き来しないとなりません。

たたむ場所が2階

2階にたたむ場所があったほうが良い場合、その場所をどう確保したら良いでしょうか。
2階に家事室をもってくるというのも現実的ではありません。
また、孤立した場所でたたむのも問題ありそうです。

110629-02.jpg
上の間取りを見てください。

2Fの廊下になるスペースを広げてファミリースペースとして広くとっています。
吹き抜けで1FのLDKと繋がることが出来ます。
廊下の活用方法としても有効でしょう。

ファミリースペースは洗濯物をたたむだけでなく、書斎がわりや子供の勉強スペースとしても良いでしょう。
吹き抜けで適度に繋がっているので、集中しながらも家族のコミュニケーションをとることができます。

アイロン・たたむ場所が洗濯動線のキモになりそうです。
その場所のとりかたを丁寧に考えることで効率よく家事ができます。

関連記事

| 家事動線 | 22:31 │Comments0 | Trackbacks0編集







コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atelierplease.blog9.fc2.com/tb.php/22-d423b6db

| main |

カレンダー


03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。