FC2ブログ

横浜トリエンナーレ2011

110927-01.jpg

日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)

先日、横浜トリエンナーレ2011に行って来ました。以前のブログで横浜トリエンナーレと連携している黄金町バザール2011を取り上げましたが、今回は、日本郵船海岸通倉庫を取り上げます。

会場は、みなとみらい線「馬車道駅」6番出口 「赤レンガ倉庫口」 徒歩4分のところにあり、若干奥まったところにあります。1階~3階が展示スペースとなっていて、1階にはデザイン・アート系が充実した本屋やカフェが併設されています。


5番目の壁

座ると霧が吹き出す椅子とか、陶土でつくったカバとか様々な現代アートが楽しめます。中でも良かったのは、ジルヴィナス・ケンピナス の「5番目の壁」でした。

110927-02.jpg

110927-03.jpg

磁気テープを使った作品で、見る角度によって、磁気テープの壁が現れたり、消えたりします。写真では、「消えて」いませんが、実際に体験すると消えたように感じます。

磁気テープの厚みは、いろいろ種類があるようですが、5μmや2μmなどがあるようです。「μ」は10のマイナス6乗ですので、0.001ミリメートル(薄い!!)となります。これだけ薄ければ消えそうです・・・。

このように、いろいろと楽しめるようになっていますが、魅力的なのは、アートとの距離かもしれません。もちろん基本的には作品には触ってはいけませんが、立入禁止部分は少なく、触らなければ目の前で見ることができます。中には触わることができる体験型のアートもありました。


リノベーションされた建物


110927-04.jpg


また、建物自体が古く、その内部をリノベーションしています。古い部分を上手に残しつつアート作品を展示できるようになっています。古いコンクリートもそのまま見せていますが、時間がたって魅力的に変化している素材はとても貴重です。

上の写真にあるように、コンクリート柱がそのまま見えます。形も魅力的で、天井部分が広がっています。配管類も隠していませんが、違和感なく魅力的に見えます。

魅力的な空間でアートを体験することで、より一層魅力的に見えて、驚いたり、感動したり、考えることができたりするかもしれません。
是非、行ってみてください。

関連記事

| アート | 12:47 │Comments0 | Trackbacks0編集







コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atelierplease.blog9.fc2.com/tb.php/55-41c4f6b8

| main |

カレンダー


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム