FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集







今年こそ結露を防止する

111212.jpg

結露の季節

気候もだいぶ寒くなり、ストーブやエアコンなどで室内を温めないとならないようになりました。

そうなると、気になるのが結露です。
結露によってカビ等を発生させたり、腐らせたりすることがあります。十分に気をつけないとなりません。

毎年のことであきらめている人もいるかもしれませんが、もう一度考えてみましょう。
結露とは 対策は2つだけ

結露とは、空気中に含まれている水蒸気が冷たいもの(ガラスやアルミサッシなど)に触れて水滴となり、そこに付く現象のことです。

結露は、夏型結露と冬型結露がありますが、今回は冬型結露について考えてみたいと思います。

よくある現象では、朝、目が覚めると窓や玄関ドアに水滴がびっしりついたり、脱衣所の壁を手で触ると湿った感じがするなどがあります。

結露を防止する基本的な考え方は、「温度を下げない」「湿度をさげる」の2つです。


温度を下げない

「温度を下げない」ようにするには、まず部屋を暖めることです。特に寒くなりがちな北側の部屋です。

空気を滞留させないことが重要です。押入が結露している場合は、押入にスノコをいれたり、家具の裏が結露している場合は家具を壁から少し離します。

扇風機やサーキュレーターを使うのも良いでしょう。サッシが結露している場合はサッシに向けて使うのも効果があります。壁が結露していれば、その壁に向けるのも有効です。

工事が必要ですが、断熱することが重要です。天井・壁・床に適切に断熱材をいれます。また、断熱サッシ・断熱ガラスを使用します。また、2重サッシや雨戸も有効です。


湿度を下げる

次に、「湿度を下げる」ことが大切です。

加湿器などで過剰な加湿をしないことです。冬は40~50%が快適と言われています。
また、風呂・脱衣所の扉を閉める。風呂ふたを閉めることも有効です。

難しい場合もあると思いますが、ガス・灯油ストーブを使わないことも結露対策では有効です。

また、換気扇をまわして、湿気を排出することも大切です。お風呂や脱衣室・トイレの換気扇を回し続けるのも良いでしょう。

また、工事が必要になりますが調湿材(畳・木材・和紙・珪藻土など)を用いることで湿度を吸収させて、一時的に調節できます。


空気も大切にした豊かな暮らし

このような対策をすることで、結露はだいぶ改善されます。
すぐにできることから、工事が必要なことまで紹介しました。

豊かな暮らしをするには、空気環境も大切したいものです。
簡単にできることから一度試されてはいかがでしょうか。


関連記事

| 空気 | 22:34 │Comments0 | Trackbacks0編集







コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atelierplease.blog9.fc2.com/tb.php/80-58fd1cc4

| main |

カレンダー


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。