FC2ブログ

床座の暮らし

110622.jpg

床座の暮らし
以前、「天井の高さ」というテーマで床座の暮らしのすすめを書きました。

床座の暮らしでは、当然床に使う素材が重要になります。床に使う素材として最近一番多いのは木製フローリングですが、その他にも絨毯や畳といった様々な素材があります。

その中で、畳の歴史は古く、現存する畳の最古のモノは奈良時代になります。当初はベッドのような使われ方をしていたようです。その後、平安時代では、必要な部分だけ畳を敷くようになりました。やがて、鎌倉時代・室町時代の時代を経るごとに、畳を敷く範囲が広がり、江戸時代中期には町民の間にも広がりました。

戦後になると、床座の生活から椅子座の生活に変わっていき、価格の安さと品質の向上からフローリングが普及し、畳のシェアは減りました。最近では、化学素材を使った畳や様々な色のカラー畳や色のあせない畳など様々な畳が増え、畳の新たな使われ方がされています。

また、「起きて半畳、寝て一畳」や「新しい畳でも叩けば埃がでる」といった故事が作られるほど人々の暮らしに根付いた素材だったといえます。今でも、い草の香りや畳の感触を好む人も多いでしょう。

現代的な空間にも合う素材

畳にはとても強い印象があって、畳=和室のイメージを強く感じます。その一番の要因は畳の縁にあると思います。最近では縁なし畳が流行っていますが、縁なし畳を全面に敷いて、壁や天井を洋風にしても、違和感はありません。和風の空間ではなく、現代的な空間になります。

また、使い勝手でも、どこにでも寝転がれるメリットがあります。ソファは必要なく、その分空間を広く使えるでしょう。また、小さな子供を寝かせたりすることも可能で、素材が柔らかいので子どもが遊びまわっても安心です。

限られた空間の活かす素材として、畳を見直しても良さそうです。


畳を生かした間取りです。
http://atelier-please.com/project/tatami01

| 素材 | 23:08 │Comments0 | Trackbacks0編集







« back | main |

カレンダー


08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム